甘栗専門店 甘栗屋 | 天津甘栗の製造・販売とインターネット通販

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             
赤枠は店舗休業日です。
休業日翌日のお届け日指定はできません。
※大口注文はご相談下さい。


ホーム原料へのこだわり
甘栗原料へのこだわり
甘栗原料へのこだわり INDEX
百年古樹の密集する当店契約産地
推定樹齢450年の栗の木
【 産地で最も古いとされる推定樹齢450年の栗の木 】
中国河北省燕山山脈に位置する遵化県及び遷西県。
この地域は古くより栗の名産地として知られています。
それを証明するかのごとく、当店と契約する栗園は
明の時代より400年以上続く歴史を持ち、
樹齢百年を超す老木がなんと数千本も並んでいます。

もちろん、ただ歴史があるというだけで管理が難しく
収穫量の少ない老木を残しているわけではありません。
若木から収穫した甘栗にはない
力強い甘味と濃厚な旨味があるからです。
古樹(老木)から収穫した甘栗
樹齢約300年の栗林
【 当店の契約する樹齢約300年木が密集する栗園 】
古樹(老木)から収穫した甘栗がなぜおいしいのか。
その理由は根の深さにあると考えられています。

栗は成長過程で鉄分・ミネラルの要求性が高く、
それを証明するように当店契約産地を含む
栗の名産地といわれる場所は
周囲に鉄鉱石の採掘所がたくさんあります。
より深く広く根を伸ばした栗の木は
これら地中の養分をたっぷりと吸収し、
深い味わいを出すものと考えられています。
完熟収穫について
完熟栗
【 見事に色づく完熟栗 】
現在、多くの栗産地では
短時間で収穫を終わらせるために、
栗果実が熟さないうちに樹から叩き落とす
穫方法が主流になっております。
これらは当然のことながら味が悪い上
果実も弱く、腐敗果や乾燥果が多くなります。

当店の甘栗は樹上で完熟し、
自然落下したものを収穫しています。
熟成管理について
砂に埋めて貯蔵
【 古来より伝わる砂埋め熟成法 】
甘栗は収穫したものをすぐに食べても
あまりおいしくありません。
甘栗のでんぷんが糖に変化するまでには
一定期間の熟成を経ることが必要です。

熟成の期間や方法は品種によって異なるため
当店では原料を産地・品種ごとに分別保管し、
それぞれに異なる熟成管理を施し、
最もおいしくなる時期にお客様に提供しています。